みな土農場

本当にゴーヤは苦いのか!?

dsc_0182

お久しぶりです!
去年までと少し環境がかわり、畑に追われて長らくブログをほったらかしにしてしまっていました。すみません。。ちょっと畑も落ち着いてきたので少しずつ再開したいと思います!

 

さて、いきなりですが、今回はゴーヤの知られざる姿をご紹介したいと思います!

 

【ゴーヤ】

苦瓜・ツルレイシとも呼ばれています。

簡単に紹介すると、ゴツゴツしていて苦い野菜、緑のカーテンとしてもお馴染み。あのゴジラの肌も、ゴーヤのゴツゴツをかたどったものだそうです。

ビタミンCが豊富で、なんと約レモン2個分!!

レモンに勝ちました!!もうすぐ秋ですが、夏にはもってこいの野菜ですね!

 

 

本当にゴーヤは苦いのか?

大の野菜嫌いだったぼくは、食べ物じゃないと思っていたほど嫌いな野菜の一つでした。※今は好きです。

 

 

今回、改めて本当に苦いかどうか確認するため、生で食べてみました!

 

dsc_0135

 

「かぶっ」

 

 

 

dsc_0139

 

「がりっ」

 

 

 

 

 

「もぐもぐ。」

 

 

 

 

 

dsc_0151

 

「んごっ、、、、」

 

 

 

 

やっぱりゴーヤは苦かったです。

あやうくゴジラのように叫ぶところでした。

 

 

 ゴーヤの真の姿とは?

ゴツゴツしていて苦いゴーヤ。普段ぼくたちが食べているものは、まだ未熟な状態のゴーヤを食べているのですが、そのまま成長をつづけると徐々に黄色くなってきます。

 

dsc_0186

 

 

そして、さらに成長をつづけるとこうなります。

 

 

 

 

dsc_0054

 

びにゃーーん!

まるで、バナナのように分かれてきてますね。中には、真っ赤なつぶが見えます。これが実はゴーヤの種なのです。この赤いゼリー状の中にゴーヤの種が入っています。

 

goyatane

 

以前、「どうしてトマトは赤色を選んだの?」でもお話ししましたが、ここでも赤色が出てきました。この種ができるまでは、緑色でカモフラージュし、さらに苦さで自分の身を守っています。

 

種に栄養が送られて完熟した時、バナナのようにびにゃーんとなり、【種ができたよー!】と鳥たちに教えているようです。

この種を見た鳥が、『種はっけん!』とやってきて、種を丸呑みし遠くに運んで糞と一緒にでてくることで、別の場所に子孫をのこしてけるのですね。

本当になにがどうなったら、こんな方法に行き着くのか、、不思議ですね。。

 

 

 

この赤いゼリー状の部分は甘いので、昔のこどもたちは、ゴーヤの赤い種をおやつとして食べていたそうです。

 

ということで、ぼくも食べてみました。

 

dsc_0123

 

「かぶっ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

dsc_0110

 

 

なんとも言えない甘さでした。

 

 

 

ぜひみなさんも、ゴーヤを育ててみた際には、苦いだけじゃないゴーヤも楽しんでみてくださいね♪

 

ちなみにゴーヤは赤ちゃんのときから、もうゴーヤでかわいいのです!
ストラップにしたいくらいです!

dsc_0061