みな土農場

野菜の味は何の味?

PC276486

飛騨もあっというまに雪に覆われ氷点下10度を下回る日も増えてきました。

 

みな土農場は12月下旬を最後に畑への道が雪でふさがれてしまい、畑と出会えるのも来春となってしまいました。

最後に訪れた日、雪で真っ白になってしまった畑から残っていた大根やカブを収穫してきました。

 

 

そこで、雪国での収穫の様子をちょっとだけ公開!

 

 

 

PC065778

まずは、勢いよくジャンプ

 

 

 

 

PC065788

刺さった勢いで野菜を探り当てる。

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

見つからず。。

 

 

 

雪のなかでの収穫はなかなか大変です。

 

 

 

さて、雪の下から掘り出した野菜は糖度が高く、甘くておいしいのですが、

これも野菜にとっては生き延びるための戦略なのです。

 

水分の多い野菜は、気温が下がると寒さで凍ってしまいやすくなり、一度凍ってしまうと生命力も弱まってしまいます。

そのため、野菜自ら糖分を増やすことによって抵抗を増やし、より凍りづらくしているのです。通常、0℃になると水の分子同士がくっついて氷になるのですが、そこに糖の分子が間に入り氷になる邪魔をすることで0℃よりも低い温度で凍るのです。みなさんも小学校の頃に、理科の実験で食塩や砂糖を水に混ぜて凍る温度を測ったことがあるのではないでしょうか。あの実験が植物の世界でも使われていたことには、びっくりです!

 

寒冷地の野菜を食べたときに感じる甘さにはこんな秘密があったのです。

 

PC105846

雪の中に埋もれる大根

 

 

寒いからといって移動することのできない野菜は、このように周りの環境の変化にも敏感に反応しています。

大根は、頭の部分が温度の低い地上に出ているので糖分が出され甘くなっています。逆におしりの部分は、温度が保たれた地中に埋まっているので糖分を出す必要がないのです。よく大根おろしにした時に辛いのは、おしりの部分ですね。これも、モグラやネズミなどの外敵にかじられてしまうのを防ぐための戦略なのです。

 

野菜を食べたときに感じる、甘さや辛さ、にがみから、がんばって育った成長の味を感じ取ってみると、普段よりもちょっとだけ、ご飯がおいしく感じそうですね♪

 

ぼくも寒さに負けずに働いて、いい味を出せるようになりたいと思います!!