みな土農場

良い土って、どんな土??

P6133574

「野菜作りは土作りから」

よく言われることですが、
実際、土づくりってなんなのか、そもそもどういう状態の土が良い土なのかってピンと来ない方も多いかと思います。

よくあるEC値が~、PHが~、という少し難しい話は抜きにして説明したいと思います♪

 

まず、野菜や植物の栄養はどうやって作り出されていると思いますか?

 

野菜や植物は根から土の中の栄養を吸収して成長しています。

つまり、土が健康で栄養のバランスがとれているほど、元気に成長し、おいしい野菜ができるのです。

一番理想的な土の状態は、原生林を歩いたときに感じる、少し湿り気があって、でもふかふかしていて、いろんな植物や動物、虫が飛び交ってるような環境の土と言われています。

多様な生き物が生きる自然の土ということですね。

 

それでは、どうすればそのような状態に近づけることができるのでしょうか。

一般的に、化学肥料や農薬の入っていない素の状態の土を、何もせずに80年以上ほおっておくと、原生林になると言われています。

 

なので、

 

 

 

80年放っておく!!

 

 

 

 

むちゃですね。。
今すぐに家庭菜園を始めたい人や畑をやりたい人に、こんなこととてもじゃないけど言えません。。

長い目で良い土にすることは確かなのですが、では、より早く簡単に、そして安全に良い土の状態にすることは可能なのでしょうか?

 

ぼくらの畑は、現在2年目なのですが、それでも多様な植物や虫が集まってくる状態の土になってきています。

P7314492

 

P7314504

何か特別なことでもしたんだろ!

と、思われるかたもいらっしゃるかもしれませんが、難しいことはしていないのです。

 

気を付けてきたコトは

 

自然の山の状態に近づける ということです。

 

例えば

耕さないコト、草を刈りすぎないコト、落ち葉の代わりを入れるコト などです

 

それぞれの、詳しい内容については今後の記事でご紹介していきます。

 

 

長い年月をかけて自然に良くなる土のサイクルに、

人の手で、自然に沿った形で、そのサイクルが早まるお手伝いをしてあげる。

 

植物が育つ環境を整えるために、良い土を育てていくことが大切ですね。